フリーアナウンサー田野辺実鈴さんと耳なしフランケンの出会いは2年ほどまえのこと。

当時田野辺さんは、ジャーナリストの山路徹さんと、毎日新聞デジタルのウェブコンテンツ「突撃!バキュン」に出演していました。たまたま耳なしフランケンのふたりは山路徹さんと高校の同級生だったこともあり、エンディングテーマの楽曲提供をしたのでした。

レコーディングのとき、田野辺さんの歌をはじめて聴いて、「なんかすごくいい」と感じた耳なしフランケンは、いつかふたたびタッグを組みたいと思ったのでした。

そして今年になってその願いが実現し、あれよという間に「コレカラノ」の制作にはいったのでした。はじめは戸惑っていた田野辺さんも、だんだんと熱がはいってきて、なんだか歌うことが楽しくなってきているようです。

「コレカラノ」で歌い手としてデビューした田野辺さん。つたないところもありますけど、飾り気も混ざり気もない、素直な歌声は、理屈をこえて響くものがあります。田野辺実鈴という女性がそのままストレートに音になっているようで、まさに「これからの」すがたがどうなっていくか楽しみな内容になっています。